• TOP
  • 従業員が研修を受ける場合

人材開発支援助成金(訓練コース)

労働者に職業訓練を行う事業主様に対し、経費や賃金の一部を
助成する制度です。


概要

キャリア形成促進を効果的に図るための専門的な知識・技能の習得を目指す。
 
 
要件・受給額  (  )は中小企業以外

【特定訓練コース・若年人材育成訓練
下記のような方が研修を受けられる際には、まずはご相談下さい。
 ○ 正社員である事
 ○ 訓練開始日において、雇用契約締結後5年を経過していないこと
 ○ 35歳未満の若年労働者である事
・Off-JTにより実施される訓練を行った。
・予め届け出た計画と相違なく訓練を実施した。
・実訓練時間が10時間以上であり、全体の8割以上出席している。
受給額
賃金助成・・・1時間当たり760円(380円)
経費助成・・・ 受講料の45%(30%) 

※注意点
・実訓練時間数の8割に満たない出席率の場合、審査の対象外となります。
・社内の業務に直結した専門的な分野を対象とする訓練が助成金対象となるため、
社会人向けの一般常識、マナーやモラルの向上を目的とした研修や、
教科書等を使用しない講演会等については対象外となります。
・実施計画に基づく訓練が支給対象となるため、訓練の途中に変更があった場合は、
不支給となる可能性がございます。
 
 
一般訓練コース】
特定訓練コース以外の訓練を行う場合の助成金です。
・Off-JTにより実施される訓練を行った。
・実訓練時間が20時間以上であり、全体の8割以上出席している。
 
受給額
賃金助成・・・1時間当たり380円
経費助成・・・受講料の30%
一般訓練コースの助成金額は中小企業、大企業とも同じです。

※注意点
・Off-JTにおける賃金助成の支給は1人あたり1,200時間が限度時間となります。
・経費助成限度額は実訓練時間に応じて異なります。
 


労働者に研修を受けさせているんだけど・・・
どんな研修が対象になるの?・・・

→お気軽にご連絡ください。
30分ほどの無料相談にて、詳しくご説明いたします。
Copyright © 2011 オーリンク社会保険労務士法人 All Rights Reserved.